中央電子株式会社
HOME企業情報 ≫ 技術開発の歩み

技術開発の歩み

常に新しい可能性に挑戦

CECは、ミニコンピュータ、マイクロプロセッサの時代を通して、一貫してコンピュータと異業種を結ぶ学際的なアプリケーションシステムの構築を主な企業テーマとしてきました。コンピュータとコンピュータの周辺技術の進歩・変化は、画像処理、通信技術の進歩を見るまでもなく、技術革新は急ピッチで進んでおり、産業社会はもちろんのこと、個人個人の社会生活にも大きな影響をおよぼしています。CECはこれらの新技術を積極的に取り入れ、デジタル情報化社会のニーズに対応する製品開発を推進します。

 

  • 1960年代

    Tr時代
     国産初のトランジスタオシロスコープの開発
     

    オシロスコープ、電源装置、パルス発生器などの装置を開発商品化

        


     

  • 1970年代

    IC時代
     ミニコンピュータ世界初のIC化に成功

     

    CEC555ミニコンピュータ
    pro08.jpg
     

    心電図自動解析装置開発


    CEC555ミニコンピュータ
    ハンドブック 836ページ
    PDFダウンロード(94.9MB)
    デジタル機器回路の標準化
    DTL,TTLへの取り組み
       

     

     

     

  • 1980年代

    LSI時代
     日本初のマイクロプロセッサでのUNIXマシン

     

    CEC8000シリーズ
    pro12.jpg

    特殊ラック導入,ラック事業の拡大

    世界に先がけてUNIXのマイクロプロセッサ上への移植に成功。
    高速UNI XマシンCEC8000F、M、J販売開始

    ・計測制御向けコンピュータシステムの開発
    ・リアルタイムOS搭載の計測・制御システムリリース

     

     

  • 1990年代

    ASIC時代
     データフローコンピュータのゲートアレイ化に成功

     



    SIGMA-1
    Pro02.jpg

    32bitRISCコンピュータ開発
    Spacetime
    (UNIX/リアルタイムOS搭載)

     

    脳波活動解析システム開発


    LANラック miracel

     



     

  • 2000年代

    ネットワーク時代
     ユビキタスネットワーク時代に対応した商品群

     


    Pro03.jpg

    ICカード利用入退室管理システム開発

     

     

    データセンター向サーバラック開発

     

    医療機器搭載用カート商品化

     

    共連れ検出/人数計測装置

     

    カセット式鍵保管器

     


     

  • 2010年代

    環境エネルギーの時代

     

    高速ADボード

     

    受電設備監視装置
     ND-REW01
     Pro04.jpg   

    ミリ波パッシブ撮像装置の
    研究開発

    コンテナ型サーバールーム
    水冷方式/屋外設置型

    環境監視装置

     

     


    EtherCAT関連商品の開発と納入

    EtherCATマスタ―コントローラ

     

    EtherCATスレーブボード
     Pro04.jpg   

     

     

    トータルソリューションの展開

    デバイスコントローラ

    水冷式冷却装置
        

    指静脈認証装置

    ポスト型RFIDリーダ

     

     

     

  • 2020年

    IoT、industrie 4.0、AI

     

    EtherCATマルチフィールドバス  
    マスタモジュール

     

    EtherCAT スレーブtoマスタ―



    無線対応環境監視装置