中央電子株式会社

coolloop.png

情報通信 ・ オフィス向け 冷却システム
CoolLoop (クールループ)

 

製品概要 特長 仕様 PDFカタログ

 

  製品概要

Cool Loopは、データセンターのサーバ冷却方式として、開放(オープン)式と密閉(クローズ)式の両方で対応できるシステムです。 開放(オープン)式「CoolLoop T」冷却性能をデータセンター室内冷却の補助冷却設備として使い、室内空調設備(CRACユニット)の能力をサポートします。Knuerr CoolFlex(機密設備による冷気閉じ込め=コールドアイルコンテインメント)との併用により、理想的なサーバ冷却を実現します。 密閉(クローズ)式「CoolLoop L」データセンター内でサーバ冷却をおこなう場合の最大の節約方法は、サーバラックを密閉して冷気循環をさせる事です。Knuerr CoolLoopは、この冷却原理を実現することができます。とくに、データセンターの構造上の高さ制限や、IT担当者と建物管理者の間でラックへのアクセス制限を行う場合等に有効です。さらに密閉方式なので、騒音レベルも大変低く抑える事が出来ます。

  特長

熱負荷に対して冷却性能を合わせる

Cool Loopのファンモータはモジュール構造になっており、1~6台のファンユニットを実装することが出来ます。データセンタ内の熱負荷に対して、ファン数により冷却性能を10~30kWの間で選択する事が出来ます。必要なファン数に抑えることで過剰な設備投資を無くす事が出来ます。

  • サーバー吸入温度
  • サーバー排出温度
  • 相対湿度
  • 冷水温度(入/出)
  • ドア開/閉
  • 結露水ドレンパン水センサ
  • 煙警報機
  • アラームランプ

開放(オープン)式「CoolLoop T」補助冷却設備として使い、
室内空調設備(CRACユニット)の能力をサポートします。

密閉(クローズ)式「CoolLoop L」密閉ラックで冷気循環をさせる事で
高効率な冷却を実現します。

 

 

 仕様

仕  様 CWC(S) CWC(W)
筐  体 基本構造   miracel
サ イ ズ (mm) 300(開放型, 密閉型) 600(開放型)
高  さ (mm) 2000, 2200
奥 行 き (mm) 1000, 1100, 1200
重  量 (kg) ≦125 ≦175
消費電力 (W) ≦2000
供給電圧 (V) 200(単相50/60Hz) 200(単相50/60Hz)
熱  交 最大冷却容量 (kW) ≦30 ≦60
入 水 温 (℃) ≧12
流 水 量 (L/min) ≦70
制御ユニット セ ン サ 空気温度 3×2 (吸込、吹出) 3×2 (吸込、吹出)
湿  度 1 (吸込)
水温温度 2 (入水、出水)
流  量 1 (出水)
フ ァ ン 6 (回転数)
漏  水 1 (漏水ドレイン)
電  流 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロダクトソリューション事業部 MEDEX部
電話(042)623-1221(直通) FAX(042)623-1222
製品に関する資料請求等はこちらのフォームから